2017年8月14日月曜日

サンコーのネック冷却クーラーにヅラ毛が絡まった

コミケ3日目にてコスプレしている友人に貸したらウィッグの毛が冷却ファンに絡まってしまいました。(僕じゃないです)
隙間から毛を抜いてみたものの、回転しなくなっていたため分解しました。

まず冷却面の黒いネジ3箇所を外します。


ファンを固定しているネジ2本外して

 取れました。あちゃー。

 絡まっていた毛を取り除いて電源ON。回りました。交換せずに済んでよかった。

で、戻そうとした矢先に内部の配線が気になりました。
ファンの他に赤線1本、黒線3本あるのです。

内側の冷却面のネジ2本も外してみると、首のアルミ材に温度センサと思わしきものが熱伝導グリスと共に入ってました。
白く厚いペルチェ素子に配線が赤と黒1本ずつ。
恐らく残り1本は放熱側にペルチェ素子があり、冷却側と直列に接続していると思われます。

2017年1月3日火曜日

Pushbullet+自前デバイスでプッシュ通知を受け取る

Pushbulletを使ってプッシュ通知をスマホ等へ送る例は見当たりますが、逆にプッシュ通知を受け取る例がなかったのでやってみました。

-なんでこんなことを?
ホームオートメーションやりたくなりまして、IFTTTやLINE BOTなどといったスマホへプッシュ通知送れるwebサービスを利用して楽しつつ、やりたいことを実現するためには以下3点の要件を満たす必要がありました。ワガママですね。
  1. Android・iOS・PCのマルチプラットフォーム対応
  2. 自前デバイス(Linux鯖など)からプッシュ通知を送れる
  3. 逆にAndroid等からチャットを送れる
で、たどり着いたのがPushbulletだったのです。

websocketでイベント受信→チャットテキストを取得するデモをnode.jsとpushbullet-bashを組み合わせて書いてみました。ラズパイ3上で動作しました。
スクリプトとフォルダ配置はこんな感じで。
~/.config/pushbulletはpushbullet-bashがAPIキーを参照するのでAPIキーを記述すること。

 ~/
├ .config/pushbullet
└ pushbullet/
      ├ pushbullet-bash/
      └ script/
          ├ pushbullet_websock.js
          └ getLastPush.sh


テキスト送るとこんな感じ。