2013年7月6日土曜日

Amazonで1万円の電源装置を買ってみた




お値段9980円なり。
そこまで電源装置に詳しいわけじゃないですが、30V5Aという容量を持つ電源としては破格の値段ではないでしょうか。しかもカレントリミット機能まで付いています。更に別系統で固定電源ですが、5V2A出力も付いています。カレントリミットがついた電源 が欲しく、分解して中を覗いてみたい欲もあったので買っちゃいました。

 
Amazon箱の中に更に箱
開封状態  薄っぺらい取説が1部

上の緩衝材を取り除いたところ  乾燥剤付き

本体と同梱の3P電源ケーブル  このままでは机上のコンセントに挿せないので変換アダプタを別途用意した




正面から大きさ比較  写真のテスタは秋月のもの

上面から

斜めから

底面  Amazonレビューにもあったゴム足の臭いが気になる

背面  冷却FANが付いているので意外としっかりしているかも?というのがここまでの印象

ケースを開けてみた  配線はゴチャゴチャしてるわ、ひと目見て分かる部品の実装状態に値段相応ということを実感

不安になる実装状態

抵抗が浮いている
ここも浮いている
TO-92パッケージの足にコネクタが直接刺さっている

電流電圧設定ボリューム

出力端子にコンデンサが直接取り付けられている

基板のハンダ付け状態  そこまで酷くはないが、画像中央に穴あき1つ発見

電流電圧を表示する基板  メインの基板よりしっかり作られている

電コンが浮いていたり、ICが曲がっていたり・・・
video
電源投入時の電圧表示と実電圧  最大出力電圧より高い電圧が数秒表示されるが、実際の出力ではないようだ


電源投入時の電圧波形  CH Aが5V固定出力 CH Bが30V出力の電圧 OUTPUTボタンの代わりに電源ボタンでも良さそう

実際に使用してみると、普通の電源装置と何ら変わりなく使えています。
残念ながら電源のノイズに関してはオシロがDSO QUADしか持っていないので微小な電圧まで観測できていませんが、結構きれいではあると思います。
趣味程度の用途であれば十分良いのではないでしょうか。